JYOCOS

株式会社ジオコス|採用ツール企画|名古屋(愛知)・東京

ブログ staffblog

2017.12.21

【就活生調査】南山大活生に聞いた就活のホンネ(part.3 選考編)

こんにちは。

ジオコス広報のうめこです。

 

201711月末。名古屋市内にあるとあるカフェにて。

現役南山大生2人に来てもらい、

自分の就職活動について振り返ってもらいました。

大手ナビが行なっているアンケート調査では見えてこない

学生のホンネに迫ります。

  

今回は「選考編」です。

学生はオワハラをどう思っているのか。

就活生のコミュニティーはどうなっているのか。

大手ナビサイトのアンケートでは

わからない学生の本音に、ちょっと背筋が凍ります。

 

 ・選考の早い企業ほどオワハラが激しい?!

 ・「2週間後に返事」もオワハラ?!

 ・会社の口コミサイトはみられてる?!

 ・友達と就活のLINEグループを作ってる?!

 

 

そんな話をお送りいたします。

選考の早い企業ほど   

“オワハラ”が激しい気がします。

 

――かなりの短期決戦だったと思うけど、何が大変だった?

たかし:3月解禁ですが、直前イベントも多くて、実質2月から始まっている感じ。内定もらったのが5月なので、3ヶ月間の勝負でした。インターンシップや大学の就活セミナーも参加して、準備はしている方でしたが、いざ始まると「今までの準備は何だったんだ!」ってぐらい時間がない。

かなこ:自社説明会に予約していた日に選考が入る、選考がかぶるのは当たり前です。とにかく優先順位をつけるのが大変でした。

たかし:優先順位の低い会社に「面接の日程変更をお願いします!」って連絡を入れて、スケジュールを変更して…。

かなこ:南山では今年からクォーター制(4学期制)に変わったから、学校の方も慣れなくて大変だった。4年生になっても授業が全くないわけではないですしね。

  

――“オワハラ”だな、って感じた時はあった?

かなこ:んー、特に考えたこともなかったです。でも「2週間 後までに返事ください」は厳しいと思いました。複数内定持っていましたが、ここにするっていう決断がなかなかできなくて。

たかし:「今受けている他の企業の選考を断らないと、うちの最終選考は受けさせられません」と言われた企業はありました。あと選考フォローの早い会社ほど、オワハラが激しい気がします。

かなこ:それわかる。「返事を早くください」と言われるけど、まだ選考中の企業もあるし、どうしたらいいのって。

 

 

会社の口コミサイトは見ます。

就活のLINEグループを作って

友達と選考の進捗を報告し合うんです。

 

――決断するには情報も必要だと思うけど、ナビや採用WEBサイト以外で、どう集めていたの?

かなこ:「みんなの就活日記」はみていました。あと、会社の評価が見られる口コミサイトはよくみましたよ。わざわざ登録しましたもん。

たかし:僕もみた!給与がどうとか、仕事の忙しさ、あと福利厚生とか。グラフになって見えるんだよね。ネットの情報はとことん調べます。

かなこ:人事の方ととことん話せたのも良かったです。最終的には「この人事の方、いい人だなー」が決め手だったかも。実は内定先の企業、自社説明会も面接を受けてないんです。12月のワークショップで出会って、その後1ヶ月に1回のペースで人事の方が面談をしてくれました。面談が選考だって知らなくて。いつのまにか本選考に乗っかっていたんですよね(笑)。

たかし:こういう話でLINEグループが盛り上がるんですよ!同じ会社の選考でも「俺は会社に呼ばれた」「私はカフェだったよ」と、面接の場所が違う。しかも、会社に呼ばれた人は受かって、カフェ面談だと他の職種を進められた、って情報がまわってきたんです。

かなこ:ある就活支援の会社が、他の学生の選考の進捗を共有するLINEグループがあるみたいで。「今日●●社の選考受けてきました。自己PRを3分でしてください、って聞かれました」など、細かな情報がアップされるそうです。友達がそのグループに入っていたのですが、いろいろルールがあるみたいで私は入れてもらえませんでした。

たかし:そういえばツイッターとかはみてないな。

なこ:私も。でも内定式の日に、同期の子や会社の人がつぶやいてないかはみちゃった(笑)。

 


最後に


最後までお読みいただきありがとうございました。「内定編」「会社説明編」「選考編」の3部構成でお送りしましたが、いかがでしたでしょうか。

 このインタビューは約1時間くらい、学生とお茶をしながら取材をしたお話です。学生の言葉は、ほとんどそのまま使わせていただいています。”オワハラ”や就活LINEグループの話は、アンケートではでてこない、学生ならではの話ですよね。事実を知ってちょっとゾッとしました。

 ただ今回の記事はたった2人の就活のホンネです。学校や男女、文系・理系、志望業種・職種によっても、違う意見が出てくると思います。不定期開催になりますが、また違う学生に取材・ヒアリングしていきたいと思います。みなさまも「こんな意見が聞きたい」「これってどうなの?」という学生に対する疑問があれば、ぜひお声がけください。

都梅

少しでも気になることがあれば
お気軽にお問い合わせください Contact

具体的なツールのご相談から、採用課題に合わせたツールの提案依頼までお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフより電話またはメールにてご連絡いたします。