JYOCOS

株式会社ジオコス|採用ツール企画|名古屋(愛知)・東京

ブログ staffblog

2018.03.09

【就活データ】2019年卒、解禁前の2月時点の内定率

 

こんにちは。

ジオコスの広報うめこです。

採用活動が始まり1週間が経ちました。

合同企業説明会や学内企業説明会も各地で開催され、

街でもリクルートスーツを着た学生をよくみるようになりました。

そんななか、リクナビからこんなデータが!

 

==========================

2月1日時点での大学生の就職内定率は4.5%

(株式会社リクルートキャリア 就職みらい研究所 2018年3月7日より)

==========================

 

もちろん、2019年卒のデータです。

しかも前年同月に比べ1.1ポイント高くなっています。

どうして3月1日の解禁前の内定率が上がったのか。

実際の学生の声とともに、データを見ていきたいと思います。

 

 

 


2月1日時点での大学生の就職内定率は4.5%


2017年度から比べると、2月1日時点の内定率が高くなっていることがわかります。「他社より早く内定を出そう」と、前倒しで進めている企業少しずつ増えているようです。

 

学生に話を聞いても3月に入った時点で、「もう面接も受けましたよ?」「すでに面接に落ちまして…」という声も聞きました。業界によって内定を出すタイミングは異なると思いますが、特にマスコミやITは早いところが多いようです。

 

 


インターンシップが早期接点となっている。


2018年度に比べ、インターンシップに参加している学生が増えています。特徴は「4社以上参加している」学生が多いこと。インターンシップ時点から業界・企業研究がはじまっているのだと思われます。

 

 


インターンシップに参加した学生に

アプローチをする企業約75%


 

実際に、インターンシップを行なった会社の約75%が、参加学生へなんらかのアプローチを行なっています。早期接点こそ、3月解禁前の内定率アップに繋がっているようです。

 

 

3月8日の朝日新聞では、2021年の採用選考について、解禁時期の前倒しも検討しているといいます。就活の早期化に歯止めをかけるため6月解禁としていましたが、インターンシップを学生との早期接点の場にし、選考に結びつける企業も多くなってきましたし…。今後の経団連の発表にも注目ですね。

 

 

問い合わせボタン

気になることなどございましたら、フォームまたは「都梅(ツバイ)」までお気軽にお電話(052-221-1024)ください。資料送付や事例のご紹介、お見積りだけのご依頼でもお伺いいたします。

 

【採用活動に+α】うめこのつぶやき

少しでも気になることがあれば
お気軽にお問い合わせください Contact

具体的なツールのご相談から、採用課題に合わせたツールの提案依頼までお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフより電話またはメールにてご連絡いたします。