JYOCOS

株式会社ジオコス|採用ツール企画|名古屋(愛知)・東京

[お客様の声]日東様

[お客様の声]「海外志向」を持つ学生と出会うために3泊4日の「海外出張同行」という手段

[お客様の声]「海外志向」を持つ学生と出会うために3泊4日の「海外出張同行」という手段

[お客様の声]日東様

企業規模:100~250名

制作内容:

 

 

株式会社日東 採用担当者様

◎本社所在地:愛知県春日井市
◎事業所:春日井工場、小牧工場、名古屋営業所、東京営業所
◎従業員数:160名

 


 

貴社は、海外出張に学生を同行させるという変わった採用手法を実践しています。まず。その仕組について聞かせてください。

手法としては「新卒紹介」という枠組みに入ります。学生の紹介を受け、面談等でお互い合意に至れば内定になる仕組みですね。ただ、これまでの方法と違うのは、学生を3泊4日の中国出張に同行させることです。中国は株式会社日東の最前線で、事業の仕組みをすべて体感できる場所です。生の現場を包み隠さず学生に見せ、時間をかけて双方の理解を深めます。

 
 
 

何故、海外に学生を連れて行こうと思ったのですか?

 

海外でも働ける「外向き志向」の人間をどうしても採用したかったからです。当社で働くからには、中国は言うに及ばす、アジア全般やアメリカ・ヨーロッパまで仕事の範囲に入ります。と言うのも、私たちの製品は、世界中のあらゆる場所で活躍しています。例えば製品に何か問題が起こった際に「ちょっとシカゴまで行ってきて」と言えばカバン一つで修理に出掛けられる、そんな人材を求めています。そうした志向を持つ学生と出会いたい、あるいは、その海外志向が本物かどうか見極めたいという気持ちがありました。

そんな背景がある中、「バックパッカーみたいな人がいいんだよね」という何気ないひと言に、ジオコスさんが「連れてっちゃえばいいんじゃないですか」と。「あー、なるほど、それはいいかも」と実施してみました。

 
 
 

大手就活サイトでは、外向き志向の学生を採用できなかったのでしょうか?

 

当社でも、新卒紹介の取り組みと併行して大手の就活サイトを使った採用活動を行っていますが、その中では難しかったですね。サイトで海外勤務のことを謳うと、学生の応募数が大幅に落ちてしまうのです。また、面接の際に海外勤務が必ずあることを伝えると、辞退してしまう学生も少なくありませんでした。さらには「自分は海外に行けます」と答える学生にも、マニュアル回答のような雰囲気を感じてしまい、確信が持てなかったのです。

当社では、全社員に必ず2〜3年の海外勤務があります。海外勤務をしなくてもいいような、さまざまな部署の選択肢がある大企業とは違います。海外勤務のオファーを断ってしまうと、その方に、それ以上当社で働いてもらうことは難しくなってしまいます。長く仕事をしてもらうためにも、「海外で働いてもいい」という本音を引き出すことや「この人なら任せられる」という確信を得ること、最初のマッチングの部分を大切にしたかったのです。

 
 
 

実際に「海外同行」という手法を行なってみて、何か課題はありましたか。

 

学生の理想と現実のギャップが激しかったことでしょうか。海外出張と言うと、学生はお洒落なイメージを持ってしまうようです。空港から黒塗りの車でオフィスに行き、そこではスーツの人間がきれいなオフィスで働いている…というイメージです。製造業の技術者や営業の海外出張は、それとは真逆と言えます。工場では300人を超える現地従業員が休み無く製品を造っていますし、長い時間をかけての移動はハードです。加えて、早朝から夜まで仕事が続きます。この光景は、学生にとって強烈なインパクトがあったようです。理解の範疇を大幅に超えてテンパってしまい、現地では採用の話をするどころではありませんでした。もう少し、事前に現地の状況やスケジュールを詳しく伝えるなり、日本の工場で1日でも研修を行っておくなどの準備が必要だったと反省しています。

 
 
 

最後に、ジオコスに期待していることを聞かせてください。

 

今後も、こうした採用手法を続けていくつもりです。ですので、パソコンの画面越しではなく、直接学生と出会う機会をたくさん作って欲しいです。例えば複数の学生と企業が集まって、食事でもしながらざっくばらんに話す機会があってもいいんじゃないでしょうか。そうした場所には積極的に参加したいと考えています。

お忙しい中、ご協力ありがとうございました。

※名称や役職等は2013年の取材時のものです

 

問い合わせボタン

気になることなどございましたら、フォームまたは「都梅(ツバイ)」までお気軽にお電話(052-221-1024)ください。資料送付や事例のご紹介、お見積りだけのご依頼でもお伺いいたします

少しでも気になることがあれば
お気軽にお問い合わせください Contact

具体的なツールのご相談から、採用課題に合わせたツールの提案依頼までお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフより電話またはメールにてご連絡いたします。