JYOCOS

株式会社ジオコス|採用ツール企画|名古屋(愛知)・東京

ブログ staffblog

2018.12.04

就活生の心を引きつける見出しの付け方|トヨタ自動車様 採用パンフレット事例

こんにちは。うめこ こと都梅(ツバイ)です。

情報過多な現在、就活生たちは膨大なデータから、短期間で必要な情報を取捨選択しています。

ナビサイトに掲載されている企業を順番に読み込むわけにもいかず、ページを開いて拾い読みをしながら「探している情報があるか」「ピンとくる情報があるか」を判断しているのです。そのため「見出し」や「キャッチコピー」が重要なポイントとなります。どんなにカッコいいWEBサイトをつくても、情報量が豊富でも、「見出し」や「キャッチコピー」が魅力的でなければ、読んでもらえないのです。

そこで今回は、就活生の心をひきつける「見出し」の考え方についてご紹介します。

 


 

▼目次

1.NGワード|耳触りのいい言葉は、学生の印象には残らない

2.見出しの考え方|就活生の心を引きつける方法

3.就職後の生活や仕事を想像させる高卒パンフレット|テクノ中部様

4.まとめ

 


 

1.NGワード|耳触りのいい言葉は、学生の印象には残らない

アットホームな社風、グローバルな事業、チャレンジ精神のある風土……耳触りのいい表面的な言葉でアピールをする企業は正直少なくありません。しかし、具体性のない形容詞や美辞麗句では、入社意欲も信用も獲得できません。万人ウケする耳障りのいい言葉は、シゴトの本質を伝える情報にならないのです。そのため、いい仕事というイメージのまま、アクションを促すことができないのです

 

▲目次にもどる

 

 


 

2.見出しの考え方|就活生の心を引きつける方法

ではどんな「見出し」や「キャッチコピー」が学生の心を引きつけるのでしょうか。
例えば、営業企画のインタビュー記事にこんな見出しがついていたとします。

 

興味がわいてきたでしょうか。もっと企業のことが知りたいと思いましたか?
企業のことを全く知らない学生がみたら

「…そりゃそうだよね」
「商品を企画するってそういう仕事だよね」

 

とスルーされてしまう可能性が高くなります。耳触りのいい言葉を並べ、具体性を失っているからです。仕事内容としては事実かもしれません。しかし、学生の心を動かすためには「自分がこの会社で働くイメージができる」情報が必要です。どんな仕事をするのか?どんな失敗や喜びがあるのか?成長してどんな自分になっていくのか? 将来の自分の姿を想像したくなるような、「見出し」や「キャッチコピー」が必要になります。まず、さきほど紹介した見出しを深掘りいていきましょう。

 

 

 

書き出した疑問の答えを見出しに反映していくだけで、「見出し」や「キャッチコピー」から仕事の魅力や特徴が滲み出てくるはずです。次では、実際に「見出し」や「キャッチコピー」に具体性を持たせた、採用パンフレットの成功事例をご紹介します。

 

▲目次にもどる

 

 

 


 

3.採用事例|トヨタ自動車様 採用パンフレット

トヨタ自動車様では、「関東エリアのターゲット人材が総合商社に流れてしまう」という課題を抱えていました。東京在住の大学生に企業イメージを聞いてみると

「車をつくっている会社というくらいしか…」
「ひとりの仕事は家具るまで、自分の裁量はないんでしょ?」

というイメージが先行し、実際の仕事現場が知られていないという現状でした。そこで大きく変えのが、インタビュー記事の打ち出し方でした。実際の見出しがこちらです。

総合商社を志望している人材を振り向かせるため、「裁量の大きさや社員一人ひとりの情熱」について大きく伝えました。

画像のインタビュー記事では、クルマのコンセプトをつくる商品企画という仕事をする社員が「データをもとにつくった市場調査では臨場感がない」と、サンパウロにあるスーパーの駐車場で主婦一人ひとりに声をかけ、カゴの中身や車の荷室の使い方を聞いてまわったというエピソードを紹介しています。

「見出し」を見ただけで、仕事の面白さが感じられ「本文も読んでみよう」という気持ちになったのではないでしょうか。仮に見出しを比べても、具体性があがったことがわかります。

 

▲目次にもどる

 

 

 


 

4.まとめ

「見出し」や「キャッチコピー」は、インタビュー記事の顔です。
ふと目に入った時に「他の会社となにか違う」「面白そう」と思わせなければ、情報を読み込んでもらえません。競合他社と差別化をはかるポイントは、「自社のエピソードを盛り込む」ことです。採用パンフレットやWEBサイトを見直し、自社でしかいえないことを深掘りしてみてください。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

初めて本格的な採用活動に取り組む採用担当者様へ。
採用担当者の気持ちも考えてサポートします。

「初めて新卒採用をする」というご相談をいただくことがあります。そして、思い切って新卒採用をはじめてから毎年定期採用をされるようになった例も珍しくありません。

初めて本格的な採用活動をする際、結果へのプレッシャーや費用面での心配もさることながら、運営面での不安も採用担当者の心を圧迫します。

ジオコスでは、そうした担当者様の悩みや困難さも理解しながらサポートさせていただきます。逆に、採用活動への甘い認識に対してはご指摘させていただくこともありますが、共に実のある採用活動とするために知恵を絞りますので、ぜひ一度ご相談ください。

 

 


 

ブース装飾事例はこちらから

 

 

採用活動に役立つ+αな情報を気ままに発信『うめこのつぶやき』

 

 

 

【採用活動に+α】うめこのつぶやき

少しでも気になることがあれば
お気軽にお問い合わせください Contact

具体的なツールのご相談から、採用課題に合わせたツールの提案依頼までお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフより電話またはメールにてご連絡いたします。