JYOCOS

株式会社ジオコス|採用ツール企画|名古屋(愛知)・東京

ブログ staffblog

まずは、お問い合わせください

2019.05.13

人生初高崎でのコミュニケーション講座

ゴールデウィーク気分も
冷めやらぬまま旅が続いた。
5年ほど前ならアタリマエだったけれど、
一週間に2度も新幹線に乗る感覚は、
なんだか懐かしい。
 
そして週末は群馬県へ。
一度だけ訪れたことがあるとはいえ、
それもすでに大昔のことだし、
高崎市は初めてだった。
 
東京から上越新幹線に乗れば
小一時間で到着するけれど、
もったいないと思うケチ根性を丸出しにして
ローカル線で出かけたワシがバカだった。
東京→高崎の所要時間は、
名古屋→東京を遥かに凌ぐ2時間半。
腰と尻が痛くなる。
 
たったひとつだけの要件のために
高崎まで出向くという
チョー多忙を極めるワシは、
残念ながら余裕のスケジュールだった。
ヒマ人だな。
 
高崎界隈の経営者の方々を前に
いつもの話をして懇親会へ。
 
クルマで送ってくれた
若手女性経営者がクルマの運転をしながら
こちらに視線を向けることなく
少しユルい口調で言った。
 
「イトーさん、高崎の発音はね。
“たカさき”じゃなく、“タカサキ”ですからぁ」
 
知らない土地から来たオッサンの
イントネーションなんて
はっきり言ってどうでもいい小さな話だろう。
けど、この一言のお節介が
実はすごく距離を縮めるよな。
すごく大事なコミュニケーションの
能力なのではないか?と気づかされた。
 
指導的でもなく
話題のキッカケのためでもなく
とても自然に発している。
それだけで和む空気になる。
これ、大事。
 
そしてこの若者が造園業の
若手経営者として群馬県で活躍している。
ニッポンのどこかで
頑張っとるんだよなあ。
 

伊藤秀一『いい会社はどこにある? いい人材はどこにいる?』

New Post最新記事

Categoryブログカテゴリ

User投稿者

Archive過去記事

まずは、お問い合わせください