JYOCOS

株式会社ジオコス|採用ツール企画|名古屋(愛知)・東京

ブログ staffblog

まずは、お問い合わせください

2021.02.04

属人的こそクリエイティブ。経験に頼ってこそ応用力。

ものづくりにおいて、
標準化、可視化はとても大事です。
暗黙知の経験に依存せず、
正確な業務フローによって品質は維持されます。
大野耐一氏の提唱したTPSというのは、
素晴らしい考え方で、とても勉強になります。
私も何度も読みました。

御社の業務は属人化していませんか?
あの人にしかできないという業務を見直しましょう!
暗黙知になっているスキルを洗い出そう!
業務を掘り下げてフローにしよう!
それでよい品質を作り、よい改善をして進化していこう!

…と、頑張っている人を否定はしません。

でもそれ、将来はAIに任せられませんか?
ロボットでもできるようになるんじゃね?

個性のある人間がいて、
意見を交わし懇意になり信用ができると、
この人のアイデアに乗っかってみよう、とか、
アイツに頼まれたらやるしかないな、とか、
あの人が言うから信用できる、とか…。

クリエイティブなシゴトって、だいたい属人的ですよね。

能力をバラして分析して、
なんとなくエキスを抽出して、
業務フローにして標準化できたとしても、
マネだけしているうちはクオリティになりませんよね。
経験を重ねるから応用力が身につく。

その経験に頼ったってよくないですか?

昔の成功をイバッてるだけじゃダメだけど、
コミュニケーションスキルが高く信用のある人って
人とのやりとりを重ねてしか得られませんよね。

その経験ってとても貴重ですよね。

業務フローを細かく分類して書き出し、
それを標準化できれば、
作業上のミスは減らせるかもしれません。
んんんが、、、、
個々人がパフォーマンスを発揮するためには、
思いっきり属人的なパワーが必要です。

アイツやっぱすげーよな!
と感心させられる人ってだいたいいつも同じですよね。
アイツ成長したよな!
と実感する人って経験を重ねたからですよね。
小賢いだけじゃないですよね。

標準化されたことを正確にできるってことは、
マスプロダクトを生み出す組織には
とても大切なことであるのは間違いありませんが、
一人のニンゲンとしては
個性をなくしてしまうような気がします。

だから、ひねくれて言ってるんじゃありませんよ。
属人的こそクリエイティブ、経験に頼ってこそ応用力…って、
これからのシゴトにたいせつだと思うのですよ。

伊藤秀一『いい会社はどこにある? いい人材はどこにいる?』

New Post最新記事

Categoryブログカテゴリ

User投稿者

Archive過去記事

まずは、お問い合わせください