JYOCOS

株式会社ジオコス|採用ツール企画|名古屋(愛知)・東京

ブログ staffblog

まずは、お問い合わせください

2021.12.06

理念を現場で貫ける組織に勝るものナシ

いくら儲かったとか、
凄まじい成長を果たしているとか、
社長が贅を尽くしているとか…。
かつてのワタシは、
そんな他人の話を見聞きするたび、
羨ましさと妬みで
自分の金銭的なショボさを
悔しく思っていました。

しかし近頃は、
嫉妬することはほぼなくなりました。

とはいえ、
成長意欲が枯れたわけじゃないし、
夢をあきらめたわけでもない。

今やワタシも好々爺。
妬む感情は薄くなったけれど、
素晴らしい!
と尊敬する組織や人は
日本のあちこちに存在します。

たとえば、
唯一無二の理念を掲げ、
その理念に沿った事業を貫き、
ギラギラした金銭的成功とは全く別の
品質や価値を大切にしている人たち。
尊敬できますよね。

カネ儲けの成功なんか
羨ましくなんかないのです!!!!!

と、見栄を貼ったものの、
羨ましいと思う感情は消せません。

天は二物を与えてしまうのですね。
先日、本社を移転した
株式会社PDRさんに訪問しました。

日々成長を続け、
顧客に喜ばれるサービスを
理念に沿って徹底して磨き続け、
とても立派な自社ビルに移転しました。
儲かっているし、
理念を貫くスタンスもブレない。

社屋エントランスには
企業理念と行動指針などが
記されています。

(自社の自慢かよ!と言われそうですが…)
この理念の文言を作成する際、
お手伝いをしたのが私たちです。

どこかの経営指南書で見た
耳障りの良い言葉を拝借するのではなく、
経営者と社員の胸の内の奥を
深く深くヒアリングして生まれた言葉は、
組織の強みを表す濃縮抽出理念です。

経営者や社員さんは、
ずっと変わることのない目線で
ビジネスを前に進め、
揺るぎない成長をしてます。

お客さんだから
褒めているのではなく、
本気で30年近く思っているのです。

『どれだけ儲かっているかより、
 どんな姿勢を貫いていくのか』

↑本人はそんな認識はない!
とおっしゃるかもしれませんが、
ワタシに映る同社社長は
常にその判断のために脳をフル回転させ、
そしてそのジャッジの結果が
儲けになっていると思うのです。

ワタシ自身も
『このピンチ、PDRの社長だったら
 どう乗り越えていくんだろ?』
と妄想したりしています。

同社のように
ブレのない眼差しで、
儲け最優先ではないスタイルの
かっこいい会社をめざしてきたいです。
企業や組織や地域にも
カッコ良さってありますね。

PDRさんの社屋を見て、
そんなことを実感させていただきました。

もう一回言いますけど、
決して顧客へのヨイショじゃなく、
本気でそう思っているのです。
くどい?

伊藤秀一『いい会社はどこにある? いい人材はどこにいる?』

New Post最新記事

Categoryブログカテゴリ

User投稿者

Archive過去記事

まずは、お問い合わせください